密碼      自動登錄 找回密碼 加入此園地(Register)
    

中天法門園地

查看: 2002|回復: 0

人はどうして修行しますか?(人為何要修行修道?)

[複製鏈接]
發表於 2015-5-9 17:10 | 顯示全部樓層 |閱讀模式
本帖最後由 雨忠 於 2015-11-3 15:59 編輯


テーマ:人はどうして修行しますか?=麒麟法師

(出自麒麟法師智慧語錄第一集)


麒麟法師:どうして修行しますか?それ最後に目的どうしてですか?人生の真の意味を追求して、人類の幸福を創造すると言う人がいて、実はそれとも十分に修行する目的を説明しません。更に人が常にいて目的を話すことはできないと言って、目的がすぐ目的に縛られたのを話して、無目的なのは修行して、自然に任せて深く心にとどめることができなくて、成果が有限です。志して気力を加えて、船は水を過ぎて痕跡がなくて、自覚しているのが重要で、意識的にまず大きい知恵を持って、知恵を超えます。どうして人生の真の意味を追求して、人類の幸福を創造すると言って、実はそれとも十分に修行する目的を説明しないで、今日もしもあなたは90才になって、余すところの日時がないのが多くて、あなたは人類のどれだけの幸福にあげることができますか?あの年齢は大きくなって、不治の病気にかかって また 修行しますか?だから人類の幸福非最後にの目標を創造して、本当にの目標「はで生むへ修行して、後で生んだ後永久不変が」を生むへこれこそ大きい知恵で、知恵を超えるのに適応します!中天の天国の旅行記(第31集)》は「特史」は言ったことがありがいます:「世の中の知恵の解霊界あるいは法律界を使うなかれ、一般にの間で知恵が一般にの間でただ用いるだけのため、一般にの間で知恵は魂界あるいは法界に用いることができません!だから知恵を開いて一般にの間の知恵をではなく始めて、魂界あるいは法界の知恵を始めて、大きい知恵と称して、知恵を超えます!そのため中天の禅は4順序の中に第3項を修行してあなたを要してすべての経典あるいは哲学の知恵をおろして、本当に中天の有為な禅に入って修行して、これこそ大きい知恵で、知恵を超えます!麒麟の銘言は修行するのとは何かを言いますか?「修行するのが仙人の永久不変だのを学んで生むだ」!だから知恵を開いてすべての間で知恵をではなく始めて、本当に知恵を開いて魂界あるいは法界の知恵を始めます!

麒麟法師:すべての宗教は昔から今まで、修行する方法はずっと変えて、どうして変化ができますか?人間性の需要に合って、環境に適応するために形成するので、これは修行する需要に合うのとは限らなくて、これが人の需要で仙人の魂界の要求ではありません。どうして修行しますか?簡単な説明:「人は生んでいないへ、改正して仙人の魂界の掟に合います!」もしもこの目標がなくて、修行するとは言えなくて福徳を修行するのでありました。私達に今の宗教はすでにこの原則を遠く離れて、相反したのは更に修行する人のがまちがって誘導するのをもたらして、捨てたの先入観にとらわれてすでに修行したでしょう目標に顧みないで、甚だしきに至っては誤って善行が修行するでさえすればと思って、全く放っておいて逝去した後に寄居する仙人の魂界善行は修行する人の義務で、するべきな事で、よくを修行するのと相当していっしょにのではなくて、ところがギャップのいくつがはるかにかけ離れると感じます!

麒麟法師: 人は初めは入って修行して、まだとても情況を調べる下ではなくて、修行したのを阻んで思っている現実的な現象があって、たくさん便利な法があるのは修行するターミネーターで、1世先入観にとらわれる観念を離れることができません。多くの人は善良な心を持つのが修行するだと思って、更に誤って見分けるのが毎日の週帰依する修行するで、様々な原因は悟りを開きを妨げて、ある日待って、縁が偶然会うのは悟りを開いた修行する初めで、何を修行しますか?どのように修行しますか?また解答を見つかりにくいです。多くの人は数十年の時間で見つかって悟りを開いて、師がなくて彼をまた言って上昇に入らせ、一生ここまでで注文します!実は悟りを開くのが修行する起点で、師がないのは証明からすでに修行する尾端で、起点は尾端へとても長い距離をに行く起点、漸進しない法がなくて、尾端に達することができないのです。最も重要なのが悟りを開いたのになった後の発端はどのように修行して、どのように向上するのが最も重要で、尾端があることはありえないこの過程がありません。どうして中天の禅を使って4順序きを修行しますか?着実で要して順序きによって来て、基礎が打ち立てるのは成し遂げる保証です。たくさん修行する人はすべて初めから来るのではなくて、直接本当に平等な認知にすべての真理をこの上ない知恵を聞きます。これが前後に逆さまにして、このように観念があって、精進は障害があって、ただ果実だけようなのを見て、これまで果実がどこから出来るのが分かりませんか?いわゆる「ありのままに」は順序きによってで、着実で、真実なのはことを自習して訓練して、誠実な感銘、(信じて、願い、行く)全部あって、手を抜き材料をごまかさないで、このように修行して、法義が確実に成し遂げるのが望みがあります!

訳者 美信     企画 雨忠

555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555

主題:人為何要修行修道?=麒麟法師

(出自麒麟法師智慧語錄第一集)




麒麟法師:為何要修行修道?其最終目的為何?有人說找尋人生真諦、創造人類的幸福,其實還是不足夠說明修道之目的。更常有人說不能談目的,談目的即受目的所縛,無目的的修道,順其自然無法刻骨銘心,成就有限。立志加毅力,船過水無痕才是自覺的要件,要自覺必先擁有大智慧、超智慧。為何說找尋人生真諦、創造人類的幸福,其實還是不足夠說明修道之目的,今天如你九十歲了,所剩時日無多,你能帶給人類多少的幸福?那年紀大了,身患絕症還要不要修道?所以創造人類的幸福非最終之目標,真正的目標在「以未往生修道,適應將來往生後的永恆之生」這才是大智慧、超智慧!《中天天堂遊記(第三十一集)》「特史」有說過:「勿用人間智慧解靈界或法界,因為凡間智慧只用於凡間,凡間智慧無法用於靈界或法界!」所以開智慧不是開凡間的智慧,而是開靈界或法界的智慧,稱為大智慧、超智慧!因此中天禪修四程序中的第三項要你放下所有經典或哲學之智慧,真正進入中天的有為禪修,這才是大智慧、超智慧!麒麟的銘言何謂修道?「修道就是學習神仙的永恆之生」!所以開智慧不是開凡間智慧,真正開智慧就是開靈界或法界的智慧!』[1]

     麒麟法師:每個宗教自古至今,修道的方法一直改變,為什麼會改變?是為符合人性需求、適應環境而形成,而這並不一定符合修道的需求,這是人的需要而不是仙靈界的要求。為什麼要修道?簡單來說:「人未往生,修改為符合仙靈界的法則!」如果沒有此目標,不算修道只能算修行、只能算修福而已!我們目前的宗教已經離去這個原則,背道而馳更造成修道者的誤導,先入為主已經將修道的目標棄之不顧,甚至誤認為只要善行就是修道,完全不理會往生以後寄居的仙靈界。善行是修道的人的本份,也是應該做的事,而不是將善與修道劃成等號,差之毫釐、失之千里!』[2]

     麒麟法師:人剛入修行,朦朧入手,有現實的現象阻擾修行的正念,有很多方便法是修行終結者,一世無法脫離先入為主的觀念。有很多人誤認保有善良之心就是修行,更誤認歸依每日禮拜就是修行,種種的因素阻礙開悟,等有一天,因緣際會開悟了是修道的開始,修甚麼?如何修?再難找到答案。很多人花幾十年的光陰找到開悟,卻無師可以讓他再進道上升,終生到此點!其實開悟是修道的起點,無師自證已經是修道的尾端,起點到尾端是很長的距離,沒有起點、沒有漸進之法,是無法達到尾端的。最重要的是開悟後的起端如何修,如何精進是最重要的,沒有這個過程就不會有尾端。為什麼要使用中天禪修四程序?就是要一步一腳印依照程序來,基礎奠定是成就的保證。很多修行人都不是從頭來,直接就問「無上正等正覺」,這是前後倒置的,有如此觀念,精進會有障礙,就好像只看到果實,從來不知果實從何而來?所謂「如實」就是依照程序,一步一腳印,真實的親修實練,實實在在的感受,信、願、行俱在,不偷工、不減料,修道如是,如得法成就有望![3]






[1] 出自麒麟法師智慧語錄第一集,第十一則,第四十頁,第8行。
[2]出自麒麟法師智慧語錄第一集,第十三則,第四十八頁,第7行。
[3]出自麒麟法師智慧語錄第一集,第二十四則,第一百零四頁,第13行。


本版積分規則

中天法門園地 (網站管理員 瑞梅)

GMT+8, 2024-2-25 11:16

Powered by Discuz! X3.4

© 2001-2011 Comsenz Inc.

返回頂部