密碼      自動登錄 找回密碼 加入此園地(Register)
    

中天法門園地

查看: 2200|回復: 0

麒麟法師 格言(一)

[複製鏈接]
發表於 2015-2-24 00:55 | 顯示全部樓層 |閱讀模式
本帖最後由 雨忠 於 2015-3-7 01:26 編輯


主題:麒麟法師 格言(一)





(一)
芝蘭は深い山に育てても香れる
君子は貧しい生活にも影響を及ぼす 真理を悟ってて徳を持ちられる

(二)
真理を悟ることは 知音が無くても前に進む
芝蘭は 誰も知らず深い山に育てても香れる
舟のように 江河に置いたら 乗る者無くても浮くんだ
君子は義をするのは 誰も知らず時でも 修行を休まないんだ

(三)
真理言わない根基、ただは善と慧を根本!自分では基礎を持つと思って、目は何よりも高くて、かえって新しい法の障害です。
時には更に研修に利益がある基礎がなくて、白紙のようです、赤いをの描くのが赤いです。
緑であることを描くのが緑で、更に一定の形を備えやすいにの彫刻と塑像を作って、受け入れ度がもっと高いです。手順によって行、懇々と教わる、気を使うを勉強して、いつか成果が顕著であります。

(四)
修行が根基的な人には、自分は空のカップ気持ちします。
何事にも執着しない心に、誠実と信用の勉強します。
着くのが成果があって、後でまた、容易な証明の自覚している立場に融合します。
真理を学んであるいは先に後のが分けるのがなくて、層のこれに次ぐ深さ。
ただ、膨大な心を溶かして、海水の量は、誠意を励ます

(五)
生活は禅ではなく
禅は生活にもない
禅は日常にどこでもある
禅は日常にどこでも応用できる
日常の生活に禅を応用する 心を使うことです

(六)
天機は「中天」にある
「中天」は 求められないことです
頑固な思想は悟る道に邪魔してるから
何度しても 天機に逢えない
世の中に生活することは 文句を言わずに後悔しないよう過ごすべき
迷わず 自分の人生に向き合って
他人に誠実して 嘘をつくな
不利な状況にあっても
正しいことをして 後悔しないようにするべき


(七)
本の中には 良いたとえはいくつもある
でもその中では ただ一つの真理がある

(八)
だから 真理は本に載る文字より 価値がある

(九)
真理を悟るのは 常に自分を抑えて
常に自分の限界を乗り越えることです
自分を抑えて 貪、嗔、癡をしないようは 真理を悟ることには欠かせないんだ
未熟な尋ね者は 日常の生活で常に抑えてる自分を感じられて
でも 悟る者はおさなくても 正しい決断を出来る

(十)
真理を修正する終わりまで、事実は人の真理ははを修正する過程は苦痛ので、長い時間の抑圧です。
過程の中は満足させるのと言う値打ちがある幸福がないので、ただ比較する衆生仏中、ようやく幸福と満足を得ることができます。

(十一)
真理してあなたの心の中で修行します。他の人は何が重要だと言って、彼もあなたに代わって修行することはできないためです。まして段階もあなたの高、彼がいないのはなおさらですか?また あなたに比べて知らないで、彼らの話を聞いてただあなたを誤って、更にあなたの未来に支障をきたします。


(十二)
知恵の慧眼はようやく英雄を知っていることができて、世間の人はいつも知りません。来る時愚かに行く時困惑して、黄泉は途中で因果業が身につけて、もしも 法師の知恵の気持ちがあって、それでは返さない旅人があります。

(十三)
世の中が短くて、紅塵は恋いしく思わないで、中に果実があるため、果実の中で原因があって、修行するのは因果の覊絆を減らすので、業障ははっきりと現れることはできないです。





555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555






主題:麒麟法師 格言(一)









(一)
芝蘭生於深山幽林不因無人讚賞而不芳
君子修道立德不因窮困而改節

(二)
凡境修道 不為無知音而不前
蘭生幽谷 不為無人賞而不芳
舟在江河 不為無人乘而不浮
君子行義 不為無人知而止修

(三)
修道不言根基 唯有善根與慧根
自持有根基 目高於一切
反是新法之障礙
無根基有時更益進修 如白紙 畫紅則紅
畫綠則綠 雕塑更易成型 接受度更高
依程序而行 諄諄受教 誠懇學習
假以時日 成就非凡

(四)
如有根基 空杯心態
原始勿執於心 誠信學習
時有成就 它日再溶合 易證自覺之境地
學道無先後 層次之深淺
惟有海量之心 溶於海水之量 誠勉之

(五)
生活不是禪 禪不是生活
生活處處是禪 禪處處應用在生活
也就是說生活是現實界 禪是在法界

(六)
天機時於在「中天」
「中天」自然不求人
我心執意自耽誤
漂流幾世難相逢
人之立於世 無怨亦無悔
勿紅海塵迷 對得起人生
不欺與不詐 誠懇的對人
終始有逆境 永無愧於心

(七)
經中妙喻千千個
一個真解可解千千個妙喻
如有一不解 即非真解

(八)
真經不在經典上
真經不在文字間

(九)
修心是時時刻刻的抑制 時刻的克服
減少貪嗔癡亦是抑制而來
這是修行必經的過程
如果你還時常在這抑制的過程中
代表你還未找到自覺

(十)
修法至中是離苦而得樂
事實上 人修法過程是痛苦的
是長時間的壓制
過程之中是沒有幸福和滿足可言
只有比較的眾生法中
才會得到幸福與滿足

(十一)
修行修道在你自己心中
別人說什麼不重要
因為他也不能代你修行
何況層次也沒有你高
他们還比你不懂
聽了他們的話只是誤了你自己
更耽誤你自己的未來

(十二)
慧眼才會識英雄 世人總不識
來時糊塗去時迷 黃泉路上業隨身
如有法師心境 那有遊子不歸還

(十三)
人間短暫,紅塵勿依戀,
因中有果,果中有因,
修行是減少因果的羈絆,
業障就不會顯現。


本版積分規則

中天法門園地 (網站管理員 瑞梅)

GMT+8, 2024-5-24 06:58

Powered by Discuz! X3.4

© 2001-2011 Comsenz Inc.

返回頂部