密碼      自動登錄 找回密碼 加入此園地(Register)
    

中天法門園地

查看: 2529|回復: 0

どのようにようやく悟りを開くことができます(要如何才能開悟?)

[複製鏈接]
發表於 2015-2-19 13:47 | 顯示全部樓層 |閱讀模式
本帖最後由 雨忠 於 2015-11-3 16:01 編輯



主題:【どのようにようやく悟りを開くことができます】=麒麟法師

《麒麟法師の知恵語録の精華の編に出ます》





麒麟法師:
人の誕生はすべて張の白紙で、修行する啓蒙の時、真理の成果は消えることはないので、たくさんですばらしいのはすべて悟りを開くために設けたのです。悟りを開いた後に指導して進むことができる人はいなくて、一生固執して真理でしかなくて、また 固執して真理の美しいので自ら抜け出すことができません!

「真理は経典の上にありません、真理は文字の間にありません。」経書非真理で、しかし文字が記載するのが真理ではありません。どうして真理は直接釈明しないで、そんなに多いみごとな諭しを使って比喩に来ますか?真理は直接釈明することができなくて、も2日、3日のことができて、でも明らかなの日がわかります。

麒麟法師:

悟りを開いた後に、あなた明らかな天地の間の関係、肉体と知識のは区分して、あなた禅が修行する時、各種の考え分かって、区は真実をあけて変化するできない 。でもしぶら下がって霧中に入る、はっきり明らかに自性の奥深いのから,宇宙の真理、明らかな因果の原因、最初を復帰します。からだは世の中にありますが、後で自然に帰って、魂界に帰りを知っています!すべてが分かって、世の中の執着するのをおろして、大自然の胸に帰って、賢い界の規格に合って、未来ために永久不変の準備を開いて、これいわゆる「禅が修行して」最簡易説明。もちろん入って基礎を修行する深い禅が必ずいなくてはならなくて、道、仏陀を使うのは基礎で、「山が山に会って、山に会うのは山」が修行の深層に入るのではありません。』

麒麟法師:

修行者をして、宇宙の循環する自然の法則を悟って、人間性が増加するのが輝かしくて、4種類の苦しみが 生・老・病・死に解脱することができます。神は通常はっきりと現れて禅で境の中で修行して、知恵が輝かしくてはっきりと現れてきます。シックス・センス鋭い会は現れて余すところありません。誰でも全て仏陀性があって、自性から元来足りたのを備えるので、にせでない外に求めますが、心をごまかすのは永遠に澄みきっている日がないのです。もし修行する自ら指導する高深禅の教師があって、適切な時期の調整、寄付して性に会って、自性が仏陀になりに会って、間近なので、禅の修行する 肉体、心理と精神の障害は無形だに取り除いて、楽しみは心配の禅もなくて生活を修行して、有限な生命で無限な空間を創造して、かすかな功徳で永久不変を創造して生んで、宇宙の循環する生命の本体をすっかり悟って、宇宙の循環する大きさの知恵に目覚めなければならなくて、すばらしい法を悟りを開きだして、命が世の悲願で、返璞归真します。』

麒麟法師:

「悟りを開く」多くの人はすべて長談義のことができて、入ってに入らない玄雌の扉、本当の真理にわかってます!仏教は「天眼を開く」と言って儒学の道教は「悟りを開く」と言います。「悟りを開く」麒麟とても簡潔なのは言います:「だんだん」と「ˇ頓」に分けることができます。いわゆる「頓」が受けて前生のが修行しました。経典の言葉1つ話しあるには1つの事のため、突然前生の記憶を受けて、「頓」です。等級は、あなたが前生修行してどこまで着いたかを見ます。その他に「頓」、突然明らかな世の中のすべての道理、これは事の道理の互いに握る道理です。時には最高級のではなくて、時には正しくてとは限らなくて、時には極端とはまり過ぎ。だから「頓」そんなに安全ではないのは思っています。「だんだん」、ゆっくりする意味で、長い時間漸次のは漸進します。しかし導く良い先生があって、漸進して導入して思っていて、高レベルに達します。もしも漸進して上昇することができなくて、たとえ修性する時間が長いとしても、高い段階にも達することはできなくて、だからすべて正しい信念に合わなければなりません。中天法門にとって:「悟りを開くのはみごとな知恵を開くで、ようやく禅の修行する法ことができますで、法界に合い後の結果の要求の標準を生むへ、いわゆるにせであることを敷いて修行する体のため、転換体を修行します。座り込むのは何もしないのではなくて、静かなのは一体です!もし愛法界の言う要求に合うことができない、修行するのがすべてむだです!だから「悟りを開く」は開いて果実の大通りに到達します!中天の法は実際に修行を積む部分と技術科目の部分があります。どうして私達はその他に授業を受けて、訓練して実際に法界の法に合いを修行します!』



55555555555555555555555555555555555555555555555555



主題:要如何才能開悟?】=麒麟法師


《出自麒麟法師智慧語錄=精華篇》




       麒麟法師:『每一個人出生都是張白紙,在修行的啟蒙時期,經典是功不可沒,很多經典都是為開悟而設的;開悟後無人能指導進階,只有一生執著於經典,還會執著於經典之美而不可自拔!「真經不在經典上,真經不在文字間。」是經典非真經,可文字記載就不是真經。為什麼真解不直接解釋,要用那麼多的妙喻來比喻?真解一天無法直接解釋,可以兩天、三天,終有清楚的一天。』[1]
      
        麒麟法師:開悟之後,你會了悟天地之間的關係,肉體與靈性的區分,使你在禪修之時,明白各類意念的行駛,區隔真實與靈幻,不會如墜入五里霧中,清清楚楚、明明白白自性的深奧,宇宙之真理;了悟因中有果、果中有因,回歸原始之初靈。雖然身在人間,卻知道以後會歸回自然、歸回靈界!既明白此理,則要放下人間之善知識,漸返大自然之懷抱,符合靈界以後的規範,為未來之生展開永恆之準備,這是所謂的「中天禪修正法」最簡易的解釋。當然要進入此段必須有深厚的禪修基礎,使用道、佛為根基,「見山是山,見山不是山」進入靈修的深層。』[2]

       麒麟法師:『修行者,一旦參悟宇宙循環之正法,人性便增加光輝,能解脫於生、老、病、死四種苦。而神通常顯現於禪修境中,靈性光輝就會顯現出來,第六感的敏銳會顯露而無遺。而人人皆具有佛性,自性本是具足的,雖不假外求,蒙蔽之心是永無清澈日。如修行者有高深禪導師親身指導,適時之調整,明心見性,見性成佛,是指日可待的,禪修之生理、心理及精神之障礙得以消弭於無形,快樂無憂又無慮之禪修生涯,以有限生命創造無限空間,以細微之功德創造永恆之生,了悟宇宙循環生命本體,得悟宇宙循環之大智慧,體悟妙法天心,生命降世之宏願,返璞而歸真。』[3]

       麒麟法師: 『「開悟」很多人都可以長篇大論,入不入玄牝之門,要見真章!佛教叫「開天眼」,儒道教叫「開悟」。「開悟」麒麟很簡潔的說:可分為「漸」與「頓」。所謂「頓」就是承接前世之修行,因為某經典某一句話或某一件事,忽然承接前世的記憶,就是「頓」。等級高不高,看你前世修到哪裡。另一種「頓」,忽然間明白世間的一切道理,這是事理互摻的道理。有時候不是最高級的,有時候不一定是正確的,有時候根本就是走入極端或走火入魔,所以「頓」不是很保險的正念。「漸」,就是慢慢的意思,長時間漸次的漸進。然要有好的老師引導,漸進導入正念,達到高層次。如果無法漸進進道上升,就算修的時間長久,也不能達到高的層次,所以都要符合正念正道。在中天法門而言:「開悟就是開啟妙智慧,進而以禪修之法,使符合法界往生後果位要求的標準,所謂的藉假修真、轉換凡體為修道之體。」靜坐不是甚麼都不做,也不要誤認修靜就是究竟!如無法合乎法界道的要求,修道一切枉然!所以「開悟」就是開啟通往果位的大道!中天之法有術科的部分和實際修煉的部份。為什麼我們要另外上課,就是修練實際符合法界之法!』[4]


[1]出自麒麟法師智慧語錄第二集,第七十則,第七十九頁,第三行。

[2]出自麒麟法師智慧語錄第一集,第三十二則,第一百五十三頁,第七行。

[3]出自麒麟法師智慧語錄第三集,第一二九則,第三十一頁,第一行。

[4]出自麒麟法師智慧語錄第四集,第二一三則,第一百三十七頁,第九行。




本版積分規則

中天法門園地 (網站管理員 瑞梅)

GMT+8, 2024-6-21 03:57

Powered by Discuz! X3.4

© 2001-2011 Comsenz Inc.

返回頂部